七夕ベアの☆しましま寿司


7月7日は七夕。

七夕といえば織姫と彦星が主役ですが、夏に向けて暑くなってくる時期なので、白くまの織姫と彦星を作ってみました。

しましまの層になったレインボーカラーのお寿司は、中に挟んだ具材をすべてみじん切りにしているので、小さなお子さんでも食べやすいです。

次はどんなお味かな?とワクワク楽しく食べられる七夕のお寿司です☆




【材料】

(200mlのカップ約3個分)


🥛今回はセリアの「耐熱ガラス製カップ・バーレル型」を使用
大きすぎない子供サイズです☆


♦︎寿司飯       米約2合分
♦︎中に挟む具材   好みのものを適量

♦︎海苔、ハム、キュウリ、薄焼き卵など(ベア用)

♦︎キュウリ、カニかま、黒ごま(スイカ用)



【レシピ】


❶中に挟む具材を準備する

具材はお好きなものでOK。
細かく刻むとしましま柄に詰めやすいです。

まぐろは包丁で叩いて細かく。

すべてキキッチンペーパーで軽く水分を取っています。


❷寿司飯と具材をしましまに詰めていく

最初に寿司飯を薄く敷き、具材、寿司飯、と交互に詰めていく。

写真は具材を5種類詰めているところです。

入れる具材の量が多すぎると、種類をたくさん入れられないので、それぞれ下の層が隠れる程度に。

押し寿司のように、上から押しながら詰めると綺麗な層に♪

なんとか5種類入りました☆
等間隔に詰めるのは難しいので、少々ずれてもOKです!


次は6種類に挑戦!
まずはたたきまぐろを敷いて♪

写真のように、時々つまようじでラインがまっすぐになるように整えます。

寿司飯も具材も「少ないかな?」と思うくらいで丁度良いです。

なんとか6種類入りました♪


❸七夕ベアを作る

残っている寿司飯をラップに包んで握り、ベアのパーツを作ります。
頭×1個      鼻×1個     耳×2個      手×2個

ちなみに今回の頭の部分の重さは50g
耳、鼻、手はお好きな大きさで☆

すべてのパーツをラップの上からギュッと強く握り、ラップを外して乾燥パスタで固定していきます。

⚠️できるだけ強く握って、パスタは角度を変えて2か所固定するとしっかりとくっつきます。

パーツをつなげたら、しばらくラップで全体を包んでさらに固定させます。

テディベアシリーズで唯一こだわっているのが鼻です♪
海苔でもOKですが、こちらのお豆を使うとテディベア感がアップ☆
ほんのり甘くておやつにもぴったり。


❹その他のトッピングを作る


星のバトンは薄焼き卵やキュウリを型抜きして、つまようじを刺す。

夏らしくスイカも♪

星型に抜いた他の具材とともにトッピングします♪

見えにくいですが、織姫ベアはピンクの羽衣をまとっています。
ハムを写真のようにカットして、頭にパスタで固定しています。


目は海苔で。
ベアの頭に付ける飾りなどは、お家にある型抜きで自由に作って楽しんで下さい♪


好きな具材で自分好みのしましま寿司☆

七夕だけでなく、これからの蒸し暑い季節にもぜひ楽しんで下さいね☆ .。.:*☆









Colorful Kitchen Works

yoshimayu's instagram recipes ご訪問ありがとうございます instagramに投稿した料理のレシピ集 あなたの日常に季節の彩りを🌈             @yoshimayu_ ( 商用目的でのレシピの無断使用はご遠慮下さい )